小学生・独学で英検3級二次試験合格!短期間でも合格できた勉強法!

先日、英検3級の二次試験が実施され、合否発表がありました。

小学生の我が子は無事、3級に合格することができました。

3級から二次試験(面接試験)があるのですが、我が子は初めての面接試験で何を聞かれたか覚えていないくらい、とても緊張したそうです。小学生の子供にとって「面接」自体が初めてなうえに、英語で話さなければなりませんから、人生経験としてとても良い経験になったと思います。

では3級の一次試験の合否発表から、二次試験が開催される日までの期間、どの様な勉強をしたのかをご紹介します。

アティチュードで満点を狙う理由もご紹介します

目次

ひたすら過去問をやる!

とにかく過去問題をやりました。時間も少ないので、これに限ります!

下記でも紹介していますが、旺文社の「英検ネットドリル」を使ってひたすら過去問題集をやりました。

単語・熟語・文法を基礎から地道に学ぶことが一番良い方法で、一番本人のためになる方法だと思います。

しかし、勉強嫌いな子は基礎を一から長期間やることが苦手なのと、英検3級の一次試験合格発表日から受験日までの期間が短かく、基礎を一からやっていては時間が足りないと言うこともあって、過去問題集をひたすらやる方法をとりました。

もちろん基礎もほとんど無い状態ですので、最初は合格できるレベルにいっていないようでした

二次試験は英語力とほんの少しの国語力も必要になるのですが、我が子は国語力のところでつまずいているようでした ><

ではどうやって解答できるようになったの?

毎日、過去問題集をやっていくにつれて、問題のパターンなどがこういう感じで出るというのが感覚で分かってくる様で、それを覚えるようにしたそうです。

あと、間違えたところは解説と答えを読んで覚えたそうです。

この様にやっていくうちに、段々とすらすらと答えられるレベルに到達するようになりました。

「英検ネットドリル」の良いところ

英検ネットドリルの良いポイント

・本を使わないので、勉強をしている感が無い!

・スキマ時間にできる!

・親が手伝わなくてもOK!

「英検ネットドリル」はCDをかける必要がないので、PCなどとインターネットができる環境があればどこでも勉強ができてしまいます。

解説や答えもワンタッチですぐに確認できるので、手間が省けます。
なんと言っても親が手伝わなくても子供一人でできてしまいます。

我が子は外出先や習い事の隙間時間にipadを使って「英検ネットドリル」をしていました。

リリー

ipadを使った勉強は本よりも勉強をしている感が無い様で、勉強嫌いな我が子でも勉強してくれました。

過去問題集のテキスト本を実際に使ってみた感想

今回初めての二次試験(面接試験)ということで、テキスト本も購入してみました。

実際に購入したテキスト本がこちら↓ 旺文社一択!!

楽天ブックス
¥990 (2024/03/23 07:12時点 | 楽天市場調べ)

内容は、過去問題集と、二次試験の入室から退室までの流れなどが記載されていて「英検ネットドリル」とほぼ変わりはありませんでした。※二次試験の入室から退室までの流れは英検の公式サイト「英検バーチャル二次試験3級」にも詳しく掲載されております。

テキスト本を実際に使ってみた感想ですが、

まず、CDをかける必要があります。
子供は勉強をやりたくないので「ママやって」と言ってくるので、少し面倒だなと感じてしまいました。

あと、本なのでやはり閉じない様に手でおさえながら問題を解くのが、嫌そうでした。

しかし、「英検ネットドリル」とは違った内容の過去問題集だったため、過去問題をたくさん勉強できたので、結果、買ってみて良かったです。

リリー

たくさんの過去問題をやることが力になるので、「英検ネットドリル」と「テキスト」の両方が一番良いのかと思いました。

二次試験(面接試験)の内容

二次試験は面接官と受験者の1対1の面接になり、筆記はありません。

二次試験の面接は、合計5つの質問をされます。

まず上記の様な英文が書かれたカードを読んで、そのカードに対する質問が3つ出されます。

残りの2つは、日常生活に関連した受験者自身に対する質問がされます。

二次試験面接 評価のポイント3つ

評価のポイント3つ

リーディング(配点5点) 英文の内容が伝わる様に、単語の区切りに注意して読むことが求められます。

Q&A(配点25点) 与えられた情報を理解し、適切な表現で答えられるか、質問に対しても適切に答えられるかを求められます。

アティチュード(3点) 入室から退室までのやりとりに、積極的に英語でコミュニケーションをとろうとする態度が求められます。

※アティチュードの点数は、1点=普通 2点=良い 3点=とても良い を表している様です。

アティチュードでは満点を狙おう!

二次試験は上記の3つの評価ポイントがあります。


少しでも点数は稼いでいたほうが有利ですので、英語や国語が苦手なお子様は、アティチュードで満点(3点)を取ることをお勧めします。

アティチュード以外の評価ポイント項目では、ネイティブ発音ではないリーディングだったり、英語・国語力などなどで満点を取ることは難しいものです。
ですので、「アティチュード」で満点を取り合格点の点数を稼ぎましょう!

我が子は「アティチュード」が満点でした。
どんな「態度」をしていたのか気になりますね!

↓こちらの記事で紹介しておりますので、参考にしてみてくださいね!

まとめ

短い期間でも過去問題集をひたすらやっていれば、小学生が独学でも英検3級二次試験が合格できることがお分かりいただけたかと思います。

勉強が嫌い・本が嫌いなお子様には、少しお高めにはなりますがipadで勉強できる「英検ネットドリル」を活用してあげると、ストレスをあまり感じずに楽しく、スキマ時間に学べますよ。

お子様に合った環境・状況を作ってあげることが、お子様の勉強をしようとする意力になり、合格への近道になります。

ぜひ、お子様に合った勉強法を見つけてあげましょう!

PR

英検を効率良く勉強できる教材!

旺文社の英検ネットドリルは効率良く学べるのでおすすめです!

英検ネットドリルの魅力!

・タブレットやPCがあれば、24時間どこでも学べる。

・音声が流れるのでCDをかける手間が省ける。

・旺文社の教材24種類がまるごと収録。

・解答、解説が自動表示。

・ワンクリックで和訳表示。

無駄な時間をかけずに、英検の勉強をしませんか!!

教材も良いのだけれど教材だと、CDをかけたり、解答などを探すのにとても面倒だったりして、無駄に時間を使ってしまい、効率が悪いなって感じたことございませんか?!

旺文社の英検ネットドリルなら、CDをかける手間・解答や解説を探す手間・和訳を探す手間が省けます!

その分の時間を勉強の時間にして、効率良く英検の勉強が学べますよ。

\ まずは無料体験を!/

手間が省けるので、子供一人でも勉強してくれます!

効率良く学びたい方は無料体験をしてみてください! 1年間、24時間使い放題!!

  • URLをコピーしました!
目次